2008年03月30日

高田監督「ふた泡吹かせた」ヤクルト連勝

<ヤクルト6−3巨人>◇29日◇神宮
 高田ヤクルトが今季巨人へ移籍したラミレスに続き、グライシンガーも攻略して連勝を飾った。開幕前日に「ひと泡もふた泡も吹かせたい」と話していた高田監督は「もうふた泡いっちゃったね。もう少し多めに言っておけば良かったかな」と、笑みがこぼれた。
 昨季チームのエースとしてリーグ最多16勝を挙げたグライシンガーだけに、ナインも「すべてのボールが一級品で打つのは難しい」と口をそろえる。それでもチェンジアップが悪いとみて直球とカットボールに的を絞り、制球の良さを逆手にとり積極的に打った。5回まで毎回の10安打で3点を奪い、6回でマウンドから引きずり下ろした。
 この日もラミレスの守備を突く走塁に、盗塁やランエンドヒットなどの機動力全開で白星を引き寄せた。宮本は「若い選手が走り回って、グラウンドと目指す野球が一致しているんじゃないかな」。外野が広くなった庭とチームの空気が相乗効果ももたらしていると分析する。
 1つの目標だった巨人からの開幕3連勝が見えてきた。青木は「ミスをしてもほかの選手がカバーしているし、勢いを感じる。強いチームの典型」と確かな手応えを感じている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000035-nks-base
************************************************************
ヤクルトが2連勝とは予想外で面白いですね。今年のセリーグは大根戦になるのかも。
posted by orute at 13:30| 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

高田ヤクルト、ラミの穴突き開幕巨倒

<ヤクルト6−2巨人>◇28日◇神宮
 高田チョロ9野球が全開発進した。セ・リーグが開幕し、ヤクルトが単打や足技でコツコツと得点を重ね、因縁の巨人に6−2で逆転勝ちした。巨人に移籍した昨年の4番ラミレスに先制アーチを打たれたが、そんなの関係ねえとばかりにラミレスの弱肩を突く走塁など機動力で翻弄(ほんろう)した。広くなった新生神宮球場を生かした高田繁新監督(62)のスモールベースボールが、桜前線とともに開幕から満開となった。
 降りしきる雨をはじき飛ばして走り回った。ヤクルトのスモールベースボールがビッグベースボールを翻弄した。1発こそないが、巨人を上回る10安打に足技を絡めた攻撃で、大型補強をした強力打線の相手を粉砕した。キャンプ、オープン戦から機動力を中心としたチームづくりを行ってきた高田監督は「うちが勝つにはこういう試合しかない。うちにとっては最高の試合」。東京地方の桜の満開宣言に続き、ライトスタンドでは名物の傘の花が開き、初采配を白星で飾った同監督の顔に自然と笑みがはじけた。
 2回表、昨年まで同僚だったラミレスに先制ソロを打たれたのが反撃へののろしとなった。その裏の攻撃で、難のあるラミレスの守備を足で突いた。2死一、三塁から、一塁走者の川島慶は田中の浅い左中間へのヒットで迷うことなく三塁へ進塁。4回2死二塁でも、田中は浅い左翼線寄りの打球を全力疾走で二塁打とした。5回2死二塁では、二塁走者宮本が浅い左前打で、躊躇(ちゅうちょ)することなく三塁ベースを蹴って貴重な追加点となるホームを踏んだ。4回2死から二盗を決め、田中の左前打で効率よく生還した川島慶は「試合前に(ラミレスの)シートノックも見ていたし、今年はそういう野球をやっていかないとダメだから」としてやったり。高田監督も「そこ(ラミレス)がねらい目だから。ミーティングでは話していないけど、みんな分かっているし、積極的に行ってくれた」と、ラミレスの穴を突いたことを勝利の一因に挙げた。
 昨季は21年ぶり最下位。新生ヤクルトにとって、シーズン144分の1の試合を勝ったのとは意味が違う。チームの目指す形でコツコツと得点を積み上げ、巨人から白星を奪った価値は大きい。試合後、明大の後輩でもある星野北京五輪日本代表監督から祝福を受けた高田監督も「チームへ勢いを付けないといけないという意味でも、今日(の勝利)は本当に良かった」。昨季の4番(ラミレス)を“奪われた”思いも払しょくし「スモールベースボール」が大きく見えた。
 試合前の円陣で「セ・リーグを引っかき回して、最後に1番上に立てるように頑張っていこう!」と、ナインを鼓舞した主将の宮本は「(開幕3連戦)3つ取りたいと思っているし、また明日」と言った。29日の巨人先発はグライシンガーの予定。今度は昨年のヤクルトのエースに襲いかかる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000031-nks-base
************************************************************
高田監督の初陣を勝利で飾るとは、気分の良い門出になりましたね。しかも高田監督の古巣の巨人からの勝利なのですから格別でしょう。
ヤクルトが踏ん張れば、今年のセリーグは大混戦になるかもしれないので、すごく楽しみですね。
posted by orute at 16:37| 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

イム・チャンヨンが日本へ、ヤクルト入団秒読み

【ソウル3日聯合】プロ野球イム・チャンヨン投手のヤクルト・スワローズ入団が秒読み段階に入っている。ヤクルト入団が事実上の合意に至ったイム投手は3日、東京に向かった。国内所属チームのサムスンライオンズが任意脱退の形で海外進出を保障していることから、契約に支障はない見通しだ。サムスンは2004年のシーズン後、フリーエージェント(FA)宣言したイム・チャンヨンと2年間で総額18億ウォン(約2億1513万円)の契約を結び、昨年に1年間延長した際、本人が海外進出を望む場合は契約を解除することを約束した。
 イム・チャンヨンがヤクルトに入団すれば、同リーグに属する読売ジャイアンツのイ・スンヨプ、中日ドラゴンズのイ・ビョンギュとも戦うことになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000037-yonh-spo
************************************************************
ヤクルトは石井一久とグライシンガーがいなくなって来期は大丈夫なのかと心配していましたが、このイム・チャンヨン投手で少しはカバーできるのでしょうかね。


東京23区ホテル宿泊施設情報
http://tokyo.karakuri-yashiki.com/
posted by orute at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

古田“専任”監督 執念実った3連勝

ヤクルト7−5楽天】勝利の喜びを全身で表した。両拳でガッツポーズ。そして右拳を思い切り振り下ろした。ナインとハイタッチを交わすヤクルト・古田監督の目尻が下がる。今季3度目の3連勝。田中浩のヒーローインタビュー中、右翼席からは今季初の「古田コール」が起こった。「(コールは)ありがたいですね。頑張りますよ、まだまだ」
 前日に自らの出場選手登録を抹消。監督専任となって前回対戦で連敗を喫した野村楽天に借りを返す連勝だ。随所で光った執念の采配。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000001-spn-spo
************************************************************
二兎を追うもの一兎をも得ずというけれど、やっぱり古田監督は、プレイングマネージャーではなく監督に専念したほうが良い結果を得られるでしょうね。
そんなわけで今後のヤクルトには注目でしょう。迷いがなくなった古田監督の采配が冴える時期がやってくるかもしれませんね。


東京23区ホテル宿泊施設情報
http://tokyo.karakuri-yashiki.com/
posted by orute at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

<ヤクルト>序盤の連打で競り勝つ オリックスは3連敗

○ヤクルト5―3オリックス● 序盤に連打を見せたヤクルトが競り勝った。1点を追う二回、米野とラミレスの2本の適時二塁打など4安打で5点を挙げ、逆転。先発・石井一は5月6日以来の白星で4勝目。オリックスはローズとラロッカが18号を放ったが、いずれもソロにとどまり、3連敗。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000132-mai-spo
***********************************************************
相手が弱小のオリックスだけあって、ヤクルトも連勝できたようですね。何とかこれで勢いをつけて一暴れしてほしいものです。
神宮球場の観客動員数が早稲田大学の斉藤投手一人に負けているようでは、プロとして情けないわけで、神宮球場を満員にするには勝ち続けていくしかないのでしょうからね。
posted by orute at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

ヤクルト雨に助けられた5回コールド

◆ヤクルト4−1オリックス(31日・神宮) 降雨コールドが告げられると、グライシンガーは安どの表情を見せた。5回を投げ、ローズの本塁打による1失点。3回までに4点をもらって、チームトップの5勝目を挙げたが、会心の笑みとはいかなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000077-sph-base
***********************************************************
不振続きのヤクルトにもたまにはラッキーなことが起きるものですね。でも相手がオリックスでは、勝っても当然かもしれまえんが。
とにかくこのまま弱いヤクルトでは、ファンが一年中暗くなってしまいますので、勝ちを続けて欲しいものです。
posted by orute at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

日本ハム6−4ヤクルト/試合終了

<日本ハム6−4ヤクルト>◇26日◇札幌・円山
 ヤクルトに2点先制された日本ハムは3回、稲葉の適時二塁打で追い付き、さらに1死満塁から小谷野の左前打で4−2と逆転した。
 リードを奪われたヤクルトは5回、1死満塁から、宮本の適時打と度会の犠飛で、4−4の同点に追いついた。
 7回に稲葉の適時打などで2点を挙げた日本ハムが勝ち、3位に浮上した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070526-00000019-nks_fl-base
************************************************************
ヤクルトはまた負けですか・・・。本当に弱いの一言ですね。
posted by orute at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヤクルト】悪夢!失策でサヨナラ負け

<日本ハム3−2ヤクルト>◇25日◇札幌ドーム
 ヤクルトが悪夢の逆転サヨナラ負けを喫した。2点リードの9回、代わった2番手木田が2安打され、自らのミスも含む、2失策。古田兼任監督は「最後はみっともない負け方だった。最終回はきん差でクリーンアップ。誰が行っても苦しい場面だった」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000052-nks_fl-base
************************************************************
何だろうね。古田監督は、野村監督譲りの采配でもっと頑張れると思ったのに、いつまでたっても成果が出せないとは。
何か致命的な欠陥でもあるのかな?
チームの雰囲気はどうなっているのでしょうかね。以前のヤクルトは明るくて楽しいチームだったのに・・・。
posted by orute at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

<ヤクルト>逆転勝ち、遠藤は移籍後初勝利 中日は首位転落

○ヤクルト10―6中日● ヤクルトが集中打で逆転勝ち。五回にラミレスの3ランで同点とし、六回には2死無走者から田中浩以下の7連打(1四球をはさむ)で6点を挙げた。遠藤は移籍後初勝利。中日は中田の交代が遅れた。三回まで毎回併殺と序盤の拙攻もたたり、首位から転落した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000060-mai-spo
********************************************************
ヤクルトもやられっぱなしではないようです。特にラミレスは連日の活躍で、このまま下位で低迷するかどうかは他の選手の頑張り次第かもしれませんね。それにしてもこの3連戦が優勝候補の中日に2勝1敗で終わるとは予想外です。
posted by orute at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

暗雲払拭!グライシンガーが初完封

神宮を覆った重苦しい空気を、ヤクルトの新助っ投・グライシンガーが吹き飛ばした。20日の中日戦で、強竜打線を相手に散発4安打、無四球で来日初完封。低迷するチームを救う快投に、ヒーローは「完封なんて、いつ以来か覚えていないよ」とさわやかに笑った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070421-00000012-dal-base
*******************************************************
ヤクルトも悪いことばかり続くわけでもなさそうです。中日相手だと負けを覚悟しないといけないだろうなと思ったら、グライシンガーが完封するとはね。
それにしてもグライシンガー、名前を覚えるのが大変かな?
posted by orute at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

散々メモリアル…古田監督暴言退場

ヤクルト・古田敦也兼任監督が19日の横浜(3)戦(神宮)で、ヤクルトの遠藤投手が危険球退場処分となったことを不服とし、審判に対する暴言で退場処分を受けた。古田兼任監督の退場処分は1996年6月以来2度目。開幕戦以来の先発出場となった古田兼任監督は、この日の試合でプロ野球史上37人目の通算2000試合出場を達成していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000013-dal-base
*********************************************************
どうも古田監督はスランプのようです。2000試合出場というメモリアルな試合に退場になるなんてチームの成績が悪いだけによほどストレスがたまっていたのでしょうね。
この分だと最下位は決定という感じですね。まあ戦力が足りないようですから仕方がないのかも。
posted by orute at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

増渕7回1失点 2回3者連続含む5K…30年ぶりヤ高卒4月先発デビュー

 ◆ヤクルト1−6広島(7日・神宮) 祈るような思いも届かなかった。代打を送られた7回の攻撃。青木の三振ゲッツーでプロ初勝利の可能性がなくなると、ベンチで見守っていた増渕は静かに息を吐いた。7回を4安打1失点5奪三振。デビュー戦でMAX148キロを計測と存在感を見せつけたが、“ハンカチ世代”の初白星はならなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000094-sph-base
********************************************************
結構評判の良かった増渕ですが、初登板で7回1失点とはなかなか楽しみな新人ですね。それにしても今年のヤクルトは弱すぎるような?
posted by orute at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

増渕快投!2回を無安打無失点

ヤクルトのドラ1右腕・増渕は韓国・サムスン相手に4番手で2回を無安打無失点に抑えた。実戦3試合目。力むと体の開きが早くなることを2月25日の日本ハム戦ビデオで発見。「できるだけ前で球を離すことを意識しました。感覚は良かった」。球速は145キロも切れは増し、修正能力の高さを見せつけた。
******************************************************
ヤクルトはあまり話題がないようですが、増渕はマー君や大嶺に負けずに存在感を見せているようです。3人のうち、誰が開幕で1軍に残っているのでしょうか。3人共残れば面白いのですが。
posted by orute at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

高津が契約更改「100%僕が折れた」

ヤクルト・高津臣吾投手(38)が22日、キャンプで滞在中の沖縄県那覇市のホテルで契約更改交渉に臨み、2000万円増の5000万円プラス出来高で合意。統一契約書へのサインはキャンプ後に行う。代理人と球団の話し合いも含め、約10回の交渉を終えた高津は「100%、僕が折れた形です」とぶぜんとした表情で話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070223-00000007-dal-base&kz=base
*****************************************************
5000万円プラス出来高とは随分と厳しい契約になったようです。でもすでに38歳だし、嫌なら辞めろというつもりなのでしょうか?
まあ出来高払いのほうで頑張れば良いみたいですから、高津投手の今年の活躍を期待したいものです。

posted by orute at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。