2008年04月20日

投打活ヤク!村中2勝 虎連勝止めた…ヤクルト

◆ヤクルト4−1阪神(19日・神宮) お立ち台はまだ慣れていない。「1死一、三塁(の場面と同じ)の緊張でした」村中のプロ2勝目は本拠・神宮球場での初勝利。プロ初打点もマークしたヒーローは、はにかんだ。

 対照的にマウンドでは堂々たる姿を見せた。初回1死二塁で新井をフォークで空振り三振。金本には最速146キロ直球でバットに空を切らせた。「怖がっていたら投球にならないので、あまり相手は意識しなかった」7回2安打5奪三振で1失点。阪神の連勝を止め、チームの借金生活突入も阻止した。

 各球団スコアラーが「井川(ヤンキース)の再来」と評する左腕に、高田監督も「ピンチを堂々と乗り越えられるようになった。間違いなく成長している」と絶賛。そんな周囲の高評価をよそに、村中は「お立ち台で(言葉を)かんじゃいました」と照れた。20歳の左腕は無限の可能性を秘めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080420-00000047-sph-base
************************************************************
ヤクルトは戦力が弱いだけに、若手投手が育ってくれると助かりますね。チャンスも多いだけに、村中投手には今後も大活躍してほしいものです。


東京都ホテル宿泊施設情報
http://xn--ddkyb8bu80qbfa767l0t5a.net/
posted by orute at 12:09| 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。