2008年04月16日

打線援護少なくても勝つ!燕・石川、ハーラートップ3勝目

(セ・リーグ、ヤクルト2−1横浜、4回戦、ヤクルト3勝1敗、15日、神宮)七回一死満塁。鈴木尚を一ゴロ、石井を内角直球で遊ゴロに仕留めると石川がガッツポーズ。今季3勝目でハーラートップタイをキープした。

 「七回は久々にしびれました。インサイドを攻められたのが良かった」

 前回登板の悔しさをマウンドにぶつけた。9日の広島戦(●0−1、神宮)では7回1失点と好投しながら、味方の援護がなく初黒星を喫した。

 この日も投手戦。それでも「抑えていれば打線が打ってくれると信じていた」とキャンプから取り組んできた、左打者の内角へのシュートで凡打の山を築いた。

 小さなエースの力投に高田監督も「こういう試合を勝っていくとチームに力がつく。監督は疲れるけどね…」と笑顔だ。

 「若い先発陣を言葉じゃなくて結果で引っ張っていきたい。まだボクも若いですけど」。28歳の投手キャプテンが新生ヤクルトを引っ張る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000020-sanspo-spo
************************************************************
やっぱり野球は投手力ですね。今年のヤクルトに期待している人はほとんどいなかったにも関わらずここまで頑張っているのは投手が踏ん張っているからでしょう。


東京都ホテル宿泊施設情報
http://xn--ddkyb8bu80qbfa767l0t5a.net/
posted by orute at 09:43| 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。