2007年04月30日

東京V6連敗、ラモス次戦辞任覚悟/J2

<J2:鳥栖2−1東京V>◇第12節◇29日◇鳥栖
 東京Vのラモス瑠偉監督(50)が覚悟を決めた。29日、アウエーで鳥栖と対戦。前半37分に先制され、後半1分にMF金沢慎(23)のゴールで同点としたが、同17分に再び失点して1−2で敗れた。開幕から4勝1分けと好スタートを切りながら、その後に泥沼の6連敗。第4節まで首位だったのが8位まで転落だ。各チームとちょうど一回りあたることになる、5月3日の水戸戦(国立)で負ければ、責任を取って辞任する意向を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000047-nks-socc
*******************************************************
鳥栖にまで負けるようでは、つきがないというより実力がないということになるでしょうね。ラモスは監督の才能がないのかも。もう一度監督業の勉強を一からし直したほうが良いのかもしれませんね。一流選手が一流の監督になれるとは限らないようです。
posted by orute at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ1969 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。