2009年04月05日

2年目・由規、新人王に向けまず1勝…ヤクルト

◆阪神1−5ヤクルト(4日・京セラドーム大阪) 何も考えず、ただ思い切り腕を振った。3点リードの3回、1点を奪われ、なお2死満塁。長打が出れば逆転の場面で、ヤクルト・由規はこん身のスライダーを5球続け、メンチのバットに空を切らせた。「あそこで全部の力を使うつもりで投げました」最大のピンチを切り抜けると、立ち直って6回3安打1失点と好投。今季初勝利を挙げた。

 開幕戦を落として迎えた2戦目。マウンド上の19歳は、我を失っていた。「めちゃくちゃ緊張して、だいぶ慌ててました」というように、制球が定まらない。自慢の直球は最速153キロを計測したが、4回までに毎回の5四死球。いつ崩れてもおかしくなかった。

 “姉さん女房”が窮地を救った。横浜からFA加入した相川が「今までやってきたことを全部出せ。それで打たれたらしょうがない」と尻をたたいた。中盤以降は、あまり使わないチェンジアップを多用。150キロ超の直球が頭にある阪神打線の裏をかき、若きエース候補を立ち直らせた。

 「正直、いつ1勝できるか不安だった。だいぶ荒れたけど、これからは余裕を持って行けると思う」と由規。2年目の新人王に向けて好スタートを切った。

 ◆昨シーズンの由規 日本ハム・中田と並んで「怪物ルーキー」として話題となったが、オープン戦で2戦連続KOを喫して開幕1軍を逃した。2軍では先発ローテ入りし、最多勝となる8勝をマーク。8月に1軍に昇格。9月6日の巨人戦(神宮)での初白星を含む2勝を挙げた。首脳陣の配慮で投球回数を29回2/3にとどめ、今季に新人王資格を残した。

************************************************************
この調子だと由規が2桁勝利をあげて新人王なんて十分にありそうですね。
posted by orute at 22:58| 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。