2008年09月30日

原巨人10・11最終戦V決める!…94年10・8再現だ

巨人・原辰徳監督(50)は29日、今後の展望を問われ「ウチは143、4試合目まで持ち込むつもりでやっている」と今シーズンの最終戦である10月11日のヤクルト戦(神宮)まで阪神とのデッドヒートを続け、逆転優勝を飾る決意を明かした。最終戦に優勝をかけた試合では、1994年の「10・8」決戦を含め、過去3度とも白星でVを飾っている。

 これまで口を酸っぱくしてきた通り、過去を振り返っている暇はなかった。屈辱の完封負けから一夜明けた名古屋駅。新幹線を待つ間、「きょうは阪神戦あるよね? 一喜一憂だな」と切り出した原監督は、逆転優勝への青写真を披露した。「ウチは143、144試合目まで持ち込むつもりでやっている。その覚悟はある」この日、阪神が広島を下して1ゲーム差に広がったが、それがどうした−そんな感じで最終戦Vへ意気込んだ。

 指揮官はチーム力に手応えを感じている一方で、阪神も簡単に負けない、とみており、壮絶なマッチレースは最終戦までもつれる可能性が高い。シーズン最終戦での優勝といえば、伝説の「10・8」を思い出す。94年の同率首位決戦で巨人は中日を破り、栄光のゴールにたどりついた。これを含め過去3度、最終戦に優勝をかけたシーズンがあるが、いずれも快勝。最終戦まで持ち込めば「V率100%」。データも後押しする。

 残り7試合、より確実に勝利をもぎとるため「ID」を導入する。尾花投手総合コーチは「勝てる確率の高い投手を投げさせる」と明言。30日の横浜戦(横浜)は、昨年からカード6連勝中の高橋尚、10月4、5日の中日戦(東京D)は、今季の対戦成績が4勝1敗のグライシンガー、前夜敗れはしたが、8回1失点と好投した上原の順で投入、そして8日の阪神戦(東京D)には、カード3勝1敗、防御率1・48の内海で万全を期す。

 「全勝ローテ」の布陣をそろえ、30日には林が1軍に昇格する予定で、中継ぎ陣も厚みを増す。原監督は「(内海のいない)10日間を有効に使うということです。これからも一戦一戦戦っていくだけ」と締めくくった。最大13ゲーム差をひっくり返す最終戦V。一戦必勝の先には、メークレジェンドにふさわしい劇的なエンディングが待っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000007-sph-base
************************************************************
最終戦で優勝が決まるようなことになれば盛り上がりますね。最後の最後まであきらめずに逆転優勝にのぞんで欲しいものです。


東京都ホテル宿泊施設ガイド
http://xn--ddkyb8bu80qbfa767l0t5a.net/
posted by orute at 16:19| 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。