2008年09月14日

クルーン「ホッ」上原超えた 巨人新33S!鉄腕・山口11勝!

◆巨人9−8ヤクルト(13日・東京ドーム) 力いっぱい握った右拳を、クルーンは思い切り突き上げた。「最初の3人を出して、すんなりとはいかなかったけど、勝ったことが大事。ホッとしているよ」最後の打者、宮本を打ち取った後の歓喜は一瞬だった。昨年の上原を超える球団新記録の33セーブ目にも、素直に喜ぶことはできなかった。

 こんなはずじゃなかった。グラブで顔を覆い、やり場のない思いを、ほえて吐き出した。1点を勝ち越した直後の9回。ストライクが入らず、3者連続四球で無死満塁のピンチを招いた。「リリースポイントがばらついて、いつもの位置を見つけるのに時間がかかってしまったんだ」場内のどよめきとは反対に、守護神は冷静さを取り戻した。フォーク中心の配球に切り替え、何とか無失点で切り抜けた。

 今季チーム最多タイの59試合目のマウンドとなった山口が、チームに白星を呼び込んだ。同点の8回を無失点で切り抜けると、直後に阿部の一発が飛び出した。「いつも通りに投げました。自分でも怖いですね」2日連続で勝利投手となり、11勝目を挙げた。原監督も「今日は綱渡りでしたが、山口の運というものが、すべてを上回ったと思います」と強運を持った左腕を絶賛した。

 昨季と比べて一番成長したのは「精神力」だと自己分析する。「去年は打たれたらどうしようって思っていました。でも、今では常に強い気持ちを持って投げられています」与えられたチャンスをものにし、揺るぎない自信とタフさを身につけてきた。観戦した長嶋茂雄・終身名誉監督も「8回を抑えた山口は、新人王に値する活躍だよ」と目を細めた。

 指揮官は「もっともっと、プレッシャーのかかるゲームが来る。これを大きな肥やしにして、次に進めてほしい」と負担が大きい現状を承知で、リリーフ陣全体に奮起を促した。逆転Vへの鍵は、救援陣が握っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080914-00000051-sph-base
************************************************************
クルーンは無死満塁からよく無失点で切り抜けましたね。さすがクルーンですね。


東京都ホテル宿泊施設ガイド
http://xn--ddkyb8bu80qbfa767l0t5a.net/
posted by orute at 14:03| 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。